目元のたるみに気づいた女性

不安を解消する

フェイスアップに効果的

フェイスリフトを受けると若い頃の顔を手に入れることが出来ますが、術後どの程度で顔の傷痕が回復するのか気になる方が多いです。顔の傷痕や腫れが気にならなくなると、快適な生活を送ることが出来るでしょう。

手術をした日は自宅へ戻ることが出来ますが、簡単な手術の方だけです。大変な手術をした方は1日だけ入院をすることが多いです。退院をしても包帯をするということが無いため、手術をした。と気づかれにくいです。

手術を受けた翌日は、顔が腫れていますが、痛みを感じることはありません。上に皮膚を引き上げている為突っ張りを感じます。手術をして2日後は前日より顔が腫れます。2日目は最も顔の腫れがひどいです。しかし、シャンプーをすることが出来ます。優しく洗えば患部に影響はありません。むしろシャンプーをした方が良いと言われています。手術は縫合をしますが、3日後は縫合をした部分の糸を抜糸します。しかし、全部ではなく半分だけです。抜糸をすると多少顔の腫れが引きます。手術を受けて4日後はだいぶ腫れが引く為、外出を気軽に出来るようになります。7日目は残りの糸をすべて抜糸します。腫れではなく、浮腫みたいな感覚の為に周りの方は腫れと気づかないでしょう。手術をして2週間が経つと、腫れはありません。最初の頃と比べると大分スッキリとした顔になっています。

手術をして1年が経過すると、縫合をした部分も綺麗になります。傷痕がずっと残るということはない為、多くの女性がフェイスリフトに望んでいます。

美容外科のフェイスリフトの治療法について書きます。治療法は大きく分けて、皮膚を切る治療法と皮膚を切らない治療法があります。まず皮膚を切る方法の一つ目はSMASリフトです。SMASは顔の皮膚構造を支えて顔の表情を作り出している一枚の模様組織の筋膜のことです。この筋膜と皮膚を引き上げる方法です。二つ目はリガメント法です。リガメントは頬の皮膚と頬骨を強く固定している靭帯のことです。この靭帯を切除して皮膚を引き上げる方法です。次に皮膚を切らない方法の一つ目はフェザーリフトです。フェザーリフトは特殊な糸を頬の皮下組織に埋めて、頬の皮膚を引き上げる方法です。二つ目はハッピーリフトです。ハッピーリフトはフェザーリフトと同じ治療法で、使用される糸が違います。体内で吸収される溶ける糸を使用します。このほかにも皮膚を切らない治療法があります。もしフェイスリフトの治療をされる場合は、様々な美容外科の公式サイトを見て検討すると良いです。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all たるみが気になる方はフェイスリフトをして解消する reserved